社内のコミュニケーションを円滑にしよう【業務でチャットを利用】

記事一覧

社内での意思疎通手段

チャット

メールや電話に変わるもの

業務を行う上で、様々な連絡事項などをメールや電話で実施している企業がほとんどですが、その代替手段を考えている企業も増えてきています。これはメールや電話の理由について、もちろんメリットはあるのですが、デメリットが以前に増して注目されてきていることにあります。メールのデメリットは、多くのメールにあふれて見落とされたり、そもそも送信先に必要な方が入っていなくて、必要な情報が伝わらないということです。電話のデメリットは、相手先の都合を考えずに連絡が取れてしまい、業務の遂行を妨げることがほとんどであるということです。こういったデメリットを解決する通信手段として、チャットを業務に利用することが考えられ、対応した製品が出てきています。チャットのメリットとしては、相手先の状況がわかるようになっており、忙しいときにはメッセージだけ残すことができるということです。このメッセージを残すということは、連絡を取りたい相手に確かにメッセージを残すので、電話でよくある伝言漏れもなくすことができます。またチャットではメールのようにきちんと宛先を記入したり、送信先を確認する必要もないので、素早く適切に相手に連絡することができます。さらにグループチャットと呼ばれる機能も搭載されていますので、必要なメンバー数人だけで業務連絡を実施することも可能なのです。このようにチャットを活用することで、電話やメールでのデメリットを解消しつつ、適切な意思疎通が図れるとして注目されています。

Copyright© 2018 社内のコミュニケーションを円滑にしよう【業務でチャットを利用】 All Rights Reserved.